2歳女王のリバティアイランド(牝3、中内田)は川田騎手を背にCウッドでレッドラグラス(3歳未勝利)と併走。

6ハロン84秒8-11秒2とラストで鋭く伸び約1馬身先着した。川田騎手は「順調に終えることができました。とてもいい雰囲気で気持ち良く走ってくれていたと思います」と満足げだった。昨年の阪神JFを快勝。それ以来の実戦となるが順調にトレーニングを消化し、仕上がりは良好なだけに上位争い濃厚か。