お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(31)が25日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、中山記念(G2、芝1800メートル、中山)の予想を振り返った。

前日24日の動画では本命をジオグリフに指名。22年に皐月賞を勝ってから8戦、馬券に1度も絡んでいなかったが「今回の中山競馬場ではイクイノックス、ドウデュースを破った舞台で、復活するならここしかないと思っています」と解説。「賢い買い方をしたいと思います」と言った買い目は、エルトンバローズも1着に加えた3連単フォーメーション48点だった。

結果は…、7番人気マテンロウスカイが勝利。2着に10番人気ドーブネ、3着に4番人気のジオグリフが入り、3連単54万2050円と波乱の決着。粗品は「本命のジオグリフは3着。ドーブネやんけ。コラ。買えるかそんなもん」と嘆いた。

1月28日の根岸SとシルクロードSのダブル的中から、当たりは遠ざかっており、「競馬は引退や。もうやらん。ホンマに悔しい…」と顔をしかめていた。

粗品は、1月6日土曜中山4Rの3連単241万2370円を1000円分的中し、配当金の2412万3700円全額を「能登半島地震災害義援金」口座に寄付したことを同8日公開のYouTube「粗品のロケ」などで報告。予想に注目が集まっている。