中条ナイン善行表彰 火事を発見通報、年配夫婦救う

中条高野球部が日本高野連と県高野連から善行表彰され、9日に同校で表彰式が行われた。

6月16日の部活動から帰る途中、家屋から出火しているのを発見した本田夏規投手(1年)と斉藤彩依マネ(1年)が携帯電話で110番通報し、中にいた年配夫婦を安全な場所に避難させた。発見と通報が迅速で延焼、全焼も免れた。「(夫婦が)ケガなく無事で良かった」と本田投手。石川浩監督(53)は「指導してもできないこと。個人の判断。子どもたちは頼もしい」と部員2人の対応をほめていた。