加藤豪将がマーリンズとマイナー契約、来春招待選手

【サンディエゴ(米カリフォルニア州)8日(日本時間9日)=四竈衛、斎藤庸裕】ヤンキース傘下マイナーからフリーエージェント(FA)となっていた加藤豪将内野手(25)が、マーリンズとマイナー契約を結んだことが、明らかになった。来春は招待選手としてメジャーキャンプに初参加する。

9日からMLBウインターミーティングが開幕。ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す筒香嘉智外野手(28)山口俊投手(32)菊池涼介内野手(29)、海外FA権を行使した秋山翔吾外野手(31)ら日本人選手の動向が注目される。

   ◇   ◇   ◇

契約交渉が活発化するウインターミーティング開幕を前に、明るい話題が飛び込んできた。ヤンキースからFAとなっていた加藤が、マーリンズでメジャー初昇格を目指すこととなった。代理人のジョン・ボッグス氏が明かした。数日前にマイナー契約を交わし、来春はメジャーキャンプに招待選手として初参加する。

加藤は今季、ヤ軍傘下3Aスクラントンで83試合に出場し、打率2割7分9厘、11本塁打、39打点。5月中旬までは打率3割を超えていたが、選手層が厚い常勝軍団の下で、昇格はならなかった。一方のマーリンズは、18年、19年のナ・リーグ首位打者イエリチ(ブルワーズ)を17年オフに放出するなど、近年、抜本的な改革を進めている。若手主体のチームで、二塁、三塁、遊撃、さらに外野経験もあり、柔軟性のある加藤がメジャー昇格を果たす可能性は十分にある。

13年にヤンキースからドラフト2巡目で指名され、来季が8年目。恩返しの機会も巡ってきた。マーリンズの現CEOでヤ軍の名遊撃手だったデレク・ジーター氏とは、フロリダ州タンパで行われた1年目の新人練習で対面。外角球を逆方向へさばくこつを教わった。くしくも、同じフロリダでメジャー昇格への挑戦が再び始まることとなる。

代理人ボッグス氏によれば、メジャーキャンプ招待は契約に含まれており、開幕前にメジャー40人枠を勝ち取れば、マイナー契約からメジャー契約に切り替わる可能性が高い。同氏が「イチローと代わって、素晴らしい日本人野手になるね」と話したように、昇格となれば、マーリンズではイチロー氏以来2人目の日本人野手となる。メジャーリーガー加藤誕生へ、期待が一気に高まった。

 

○…加藤はこの7年間で進化し続け、今季はメジャー昇格1歩手前まできたシーズンだった。ヤンキースに入団した13年から一貫して二塁手だったが、複数ポジションをこなすユーティリティーになることがメジャー昇格の近道と判断し、16年から三塁、遊撃、17年からはさらに一塁、左翼と守備位置のレパートリーを増やした。「ポジションにはそれぞれ違うリズムがある。毎日違う守備に入るのは結構なチャレンジ」と苦労を重ねながら、今では内野すべてと左翼をこなす多才な選手となった。

メジャーでは必須となるパワーも、今季は1段レベルアップ。開幕から15試合で5本塁打をマークするなど、今季は自己最多の11本塁打を記録した。米国式の野球環境で育ったが、日本選手の打撃スイングもひそかに研究。初昇格の時には、日米の良さを兼ね備えた個性派メジャーリーガーの誕生となるだろう。【水次祥子】

◆加藤豪将(かとう・ごうすけ)1994年(平6)10月8日生まれ。米カリフォルニア州マウンテンビュー出身。両親は日本人。3歳で日本に移り神奈川で生活。6歳で米サンディエゴに戻り野球を始めた。ランチョバーナード高では主に二塁手で3度の州王者。13年ドラフト2巡目(全体66位)でヤンキース入団。今季3A初昇格。尊敬するイチローの影響で左打ちに変えた。188センチ、88キロ。右投げ左打ち。

その他の写真

  • 加藤豪将(2015年1月9日撮影)