プイグが日本で野球教室、研修参加イチロー氏に感銘

通算132本塁打を放つヤシエル・プイグ外野手(29=インディアンスFA)が14日、都内で野球教室を行い、メジャー流練習法を子どもたちに伝授した。リトルリーグ大会「MLBカップ」の優勝チーム、東京日野リーグを招き、ボールとバットを手に熱い指導。打撃では、1人1人のフォームを真剣なまなざしでチェックし、その都度助言した。

3年連続20本塁打超えの強打者が強調したのは、下半身の使い方だった。スイング時に下半身の体勢が崩れる子を見つけると「股関節のあたりを回転させるように。打ったら後ろ足に体重を残し、下半身を安定させて」と、体をひねる動作を繰り返し実演。「ステイ・ダウン(腰を落として)。フィニッシュ・ストロング(強く振り切る)」と熱いアドバイスを送った。

強肩で守備力に定評のあるプイグは、投げる方でも独自理論を披露した。日本ではキャッチボールは相手を思いやりながら投げるよう指導する選手が多いが、プイグはまったく違う。「試合のようなつもりで。外野から返球するように、肘をしっかり使って、相手の胸を目がけて投げる」と話し、キャッチボールでも実戦を意識するよう教えた。

1時間の熱い指導を終えると「イチローさんを目指してがんばって」とエール。イチロー氏といえばアマチュア指導者を目指し学生野球資格回復研修を受け話題だが「素晴らしい姿勢だし、僕も見習って同じことをしたい」と話した。【水次祥子】

◆ヤシエル・プイグ 1990年12月7日、キューバ生まれ。10代からキューバ代表チームに入り国際大会で活躍。09年から何度も亡命を試み、12年に亡命に成功し同年6月にドジャースと7年4200万ドル(約46億2000万円)で契約。13年にメジャーデビューし打率3割1分9厘、19本塁打、42打点で新人王得票2位。188センチ、108キロ。右投げ右打ち

その他の写真

  • 打撃指導を行うプイグ(撮影・中島郁夫)
  • 少年野球教室を行ったヤシエル・プイグ(撮影・中島郁夫)