アストロズ、レンジャーズは無観客で変わらず対象外

米テキサス州のグレッグ・アボット知事は28日、屋外で開催されるプロスポーツに対し、6月以降は通常の収容人数の25%までなら観客を入れても良いとする判断を下した。だが、屋内で行われる試合については無観客のまま変わらず、アストロズとレンジャーズは対象外となった。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、屋外のプロスポーツに関しては当初、無観客での開催となっていた。だが、今回の変更で当該リーグは衛生当局に申請を行った上で、観客を入れてのイベント開催が許可されることになった。

だが、テキサス州保健局の広報担当者は「開閉式屋根を備えたスタジアムは屋外とは認められない」とし、アストロズとレンジャーズが対象外となった理由を明らかにした。なお、米大リーグ機構(MLB)は今季メジャーについて、7月上旬から各球場での開催を提案し、必要があれば無観客で行うとしている。(AP)