93歳ラソーダ氏回復、人工呼吸器外しビデオ通話も

  • 春季キャンプ地のベロビーチで談笑する中日星野仙一監督(右)とドジャースのトミー・ラソーダ監督(1988年2月撮影)

ドジャースは、集中治療室(ICU)に入っていた元監督のトミー・ラソーダ氏(93)が回復していると発表。すでに人工呼吸器を外し、元選手やコーチとビデオ通話を行っているという。