巨人河野元貴と篠原慎平が不適切な行為で当面謹慎

  • FacebookMessenger
  • TL

 巨人は13日、河野元貴捕手(26)と篠原慎平投手(28)に「私生活においても社会的に非難されるような不品行な行為は一切してはならない」と定めた球団規則を違反する行為があったとして、当面謹慎、事実関係を確認後、正式処分を下すとした。

 球団によると2選手は今月10日深夜から翌11日未明にかけて、都内の飲食店の個室で知人ら男女10人で飲食をしていた。その席で篠原が服を脱いで裸になり、同席した河野がその様子をスマートフォンで撮影し、SNSのインスタグラムに自身のフォロワー限定で公開したという。

 球団は「当球団の選手が酒席で悪ふざけをし、また、知人限定で短時間とはいえSNSで不適切な動画を公開した行為は球団規則に反する行為であり、誠に遺憾です。選手の指導、教育を徹底し、再発防止をはかってまいります」とコメント。河野、篠原の2選手は球団を通し「軽率なことをしてしまった」とコメント。深く反省しているという。

 なお、河野は12日のソフトバンク1回戦(ヤクオクドーム)の1軍メンバーとして同行していたが、ベンチ入りメンバーには入らず、試合前練習後に球場を後にしていた。

  • FacebookMessenger
  • TL