K1安保瑠輝也「真の王者を証明する」ゲーオと再戦

K-1スーパー・ライト級王者の安保瑠輝也(23)が12月28日、前王者ゲーオ・ウィラサクレック(35=タイ)とタイトルマッチを行う。名古屋・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K-1 WGP 2019」(日刊スポーツ新聞社後援)で再戦するもので、主催のK-1実行委員会が16日、都内で発表した。

2人は6月のタイトル戦では逆の立場で対戦、瑠輝也が延長の末、判定勝ちで王座を奪った。しかし、ゲーオのホールディングの反則による判定には、ともに納得しておらず、今回の再戦が決まった。

「3ラウンドでも、延長でも自分が勝っていた」というゲーオに対し、瑠輝也は「今回KOで勝って、真のチャンピオンであることを証明する」と完全決着を誓った。