貴景勝の取組に高田川審判長「万全じゃなきゃダメ」

<大相撲夏場所>◇8日目◇19日◇両国国技館

右膝のケガを抱えながら再出場した大関貴景勝(22=千賀ノ浦)は、碧山の立ち合い変化についていけず、はたき込まれた。

土俵下で取組を見た高田川審判長(元関脇安芸乃島)は「痛々しく仕切っていたから、相手はやりづらい。土俵に立つということは、万全だから立つ。万全じゃなく立つのはダメ。相手がいることですからね。残りも出て、戦っていくなら、痛々しく見える所作はしないことですね」と指摘した。