山崎賢人「もっと高みに行きたい」夢は天下の大将軍

山崎賢人(24)が19日、都内で、主演映画「キングダム」(佐藤信介監督)の公開初日舞台あいさつを行った。紀元前の中国・春秋戦国時代を舞台に、大将軍になる夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王(吉沢亮)の物語を壮大なスケールで描く。

山崎は「撮影中は『信』を生きることに集中して全力でやりました。今日は『良かった』という声を聞くことができて安心した」と笑顔であいさつ。ステージ上では、自身の夢を「天下の大将軍」と書いて発表。役柄と同じ言葉にした理由を「俳優としても、もっと高みに行きたいから」と力強く訴えた。共演の長沢まさみ(31)は「いつもケガと隣り合わせでした」と激しい戦闘シーンが続いた撮影を振り返り、吉沢は「俳優人生のターニングポイントの作品になった」と胸を張った。

作品は原泰久氏の原作で、単行本54巻の累計発行部数4000万の大ヒット漫画の初実写化。配給の東宝では最終的な興行収入を40億円突破と予測している。