豊川悦司「謙さんには学ぶところが多い」主演ドラマ

  • ドラマ「逃亡者」の制作発表会見を行う豊川悦司(撮影・中島郁夫)
  • 来年への願いを「握」と記した豊川悦司(撮影・中島郁夫)

テレビ朝日開局60周年記念ドラマ「逃亡者」(12月5日、6日午後9時放送)の完成会見が25日、都内で行われ、主演の渡辺謙(61)と豊川悦司(58)が出席した。同作は、60年代に米ドラマ版が放送され、93年にハリソン・フォード主演で映画化されたハリウッド大作をリメーク。渡辺演じる妻殺しのぬれぎぬで死刑判決を受けたエリート医師が、豊川演じる警視庁広域捜査班班長率いる警察の手を逃れながら真犯人を探し出すストーリー。

2人の共演は3回目になるという。ただ、逃亡劇のため同じフレームに入るシーンは少なかったという。渡辺は「僕は血だらけで泥だらけでこそこそ逃げているばかり。彼はジーンズに革ジャンでスタイリッシュ。銃をかまえていて、いいところをすべてもっていかれた」と話せば、豊川は「謙さんには学ぶところが多い。同じ撮影シーンがあると見入ってしまう。この芝居をどう演じるのか、監督とどう話し合って芝居をするのか、貴重な瞬間でした。謙さんは生きた教科書ですし、自分の身になった撮影でした」と振り返った。

同作はキャストが80人に及ぶなど、大規模なスケールで描かれる。ほかの出演者は、夏川結衣、稲森いずみ、杉本哲太、村田雄浩、余貴美子、三浦翔平、原沙知絵ら。テレビ朝日系で放送されるほか、三浦翔平演じる捜査班メンバーの視点で描かれるスピンオフ作「特別広域捜査班~ヒトリヨガリの科学捜査官」を、ABEMAとTELASAで独占配信される。