藤井七段「ミスあった」時間差に泣きタイトルお預け

  • 第91期棋聖戦5番勝負の第3局に臨んだ藤井聡太七段(右)、渡辺明棋聖(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太七段が17歳11カ月と史上最年少での初タイトル獲得に王手をかけた、第91期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第3局が9日、東京都千代田区「都市センターホテル」で行われた。午前9時から始まった対局は、午後7時12分、142手で渡辺明棋聖(36)の勝ち。連敗の渡辺が藤井の持ち時間を削る指し回しで優位に立ち、かど番をしのいだ。タイトル戦初黒星を喫した藤井のタイトル奪取は、第4局(7月16日、大阪市「関西将棋会館」)以降に持ち越された。

    ◇    ◇    ◇

初タイトルを前に足踏みしてしまった。朝9時の対局開始から90分で65手も進む超ハイペース。いきなり終盤に突入した。実は、渡辺の術中にはまる局面だった。「こちらがうまくまとめられなかった。いくつかミスもあった」。長考を重ね、みるみるうちに4時間の持ち時間が減らされていく。終盤、もっとじっくり考えたい局面で残りは3分。1時間30分はあった渡辺との差は開く一方だ。時間差に泣き、タイトル戦挑戦4局目で初黒星を喫した。

「形勢判断が甘い」「読みの正確さが必要」「実力をつけて強くならないと」など、対局を経て自らの課題も見つけていった。コロナ禍で4月から対局がつかなくなった約2カ月、それを修正するいい機会になった。「自分の将棋を見つめ直すことができた」と振り返る。人工知能(AI)搭載ソフトを使いこなしながら研究を重ね、今までの定跡では考えられなかったような手も披露した。

もう1つ挙げていた「時間の配分」は、局面ごとに違ってくるため実戦で身に付けていくしかない。今局は何度も頂上対決を経験してきた渡辺のうまさを見せつけられた。「今回の内容を反省して次につなげられたら」と前を向いた。

ここまでテレビ棋戦を除く連敗は、18年9月の棋王戦(菅井竜也王位=当時)と王位戦(山崎隆之八段)までさかのぼる。大きな崩れは考えにくい。

13~14日の王位戦7番勝負第2局の直後の16日、第4局がある。過密日程は続くが、「いい状態で臨めるようにしたい」。初タイトル獲得に向け、出直しだ。