北海道・川白沖 サクラマス爆釣30匹 群れ濃いぞ

  • FacebookMessenger
  • TL

<フィッシング道>

 サクラマスの好調が続く後志管内積丹方面の川白沖で23日、0・7~2・1キロが1人20~30匹の爆釣。期待にたがわぬ釣果となった。他に30~40センチのホッケが同5~10匹、マダラが船中数匹交じった。

 午前7時、神恵内村川白漁港から高栄丸(高田船長、【電話】0135・77・6200)に4人が乗船、10分ほどの前浜に向かった。晴れ、風は強く、波1・5~2メートル。マス用仕掛けにバケ500グラム、シャクリを使用した。水深は40~50メートル。

 この日はシケの予報とあり、数人の漁師が単独で操業していた以外、遊漁船は高栄丸のみ。早朝は食い渋り気味で、アタリがあってもバレが多かった。次第に釣れ始めたのは水深45メートル前後、タナ10~20メートル。ホッケはたまに掛かる程度で、本命狙いに集中できた。

 船が揺れて流される度、元のポイントに戻るとダブルで上がることも。小型はゴボウ抜きし、その際に針から外れ海中に落とすケースが各自4、5匹あった。

 群れは濃いようで、仕掛けやタコベイトの色に関係なく、バケ尻でも上の針でも釣れ、午前11時30分の沖上がりまでシャクリで30匹を獲得した人も。今日28日までは無制限に釣ることができるが、3月以降はライセンスが必要で定量は10匹。高田船長は「今後は型が良くなる」と話していた。【リポーター・竹鼻雅己=64】

 

  • FacebookMessenger
  • TL