U22岩崎「やってやるしかない」生き残りへ貪欲

  • 午後の練習で小林(右)と競り合う岩崎(中央)(撮影・河野匠)

国際親善試合のU-22ジャマイカ戦(28日、トラスタ)に臨むU-22日本代表合宿が、25日に長崎市内で行われた。

MF岩崎悠人(21)が生き残りへ、貪欲に結果にこだわる。戦術練習では主力組の右MFに入った。17年のU-20W杯韓国大会ではエースとして躍動したが、現在は所属の北海道コンサドーレ札幌でもベンチの時間が長くなっている。その中でのチャンスに「ここで結果を残してはい上がってこいというメッセージを感じる。やってやるしかない」と強い決意を口にした。