青木瀬令奈のせれにゃん塾

受けて立つ! 谷繁さんとマッチプレー/青木瀬令奈

皆さん、遅ればせながらあけましておめでとうございます。せれにゃん塾塾長の青木瀬令奈です。年末年始のゴルフ、どうでしたか? 今年もせれにゃん塾でスコアアップを目指しましょう。

新年早々、押しかけ挑戦者が塾破り? にやってきました。谷繁元信さん。横浜大洋ホエールズ(後に横浜ベイスターズ)から中日ドラゴンズで活躍し、監督も務めたプロ野球の名捕手です。葛城ゴルフ倶楽部での9ホールのマッチプレー対決、受けて立ちますよ。

谷繁さんとマッチプレー対決です
谷繁さんとマッチプレー対決です

ティーショットはともにフェアウエー。3打目で1・5メートルにつけて楽々パーの塾長に対し、挑戦者は第2打でグリーン右脇まで運びながら深いラフからのアプローチをザックリ。4打目で乗せるも7メートルオーバーし、2パットのボギー。

「さすがプロだな。曲がらないなぁ。もっとポーンって(ゆったり打つ)イメージが強かったけど、初速も速いし、やっぱうまい」とボヤく谷繁さん。ベストスコアは69で、男子の下部ツアー出場経験もあるほどのゴルファーですが、プロとアマとの違いがはっきりと出たホールとなりました。

7メートルのパーパットを外して天を仰ぐ谷繁さん
7メートルのパーパットを外して天を仰ぐ谷繁さん

まず、コースマネジメント。私は残り250ヤード。2オンしないことがわかった時点で左の花道を狙って3Wで第2打を打ち、バーディーチャンスにつけています。これに対して、谷繁さんは残り210ヤードを4Uで狙いました。結果的に右に外し、難しい逆目の深いラフにつかまって3オンもできずにボギー。完全にゲームの組み立て方の差、ショートゲームの差が出た格好です。

ユニホームを脱いでから競技を始め、ゴルフの奥深さにどっぷりとハマっていると言う谷繁さん。コースマネジメントの難しさも、ショートゲームがスコアメークのカギを握ることも、十分に理解しているトップアマです。それでも、自分のコースマネジメントに徹することの大切さを、このホールで十分理解してくれたと思います。

「野球は3割打てればいいバッター。僕は2割5分だったけどね。だから7割は失敗できるんです。でも、ゴルフで優勝する時は3日間でミスできるのは1回か2回でしょう? そう考えるとゴルフって難しい」とおっしゃっていました。自分で考えて、自分で動いてゲームを組み立てていくゴルフには「正解」はありません。経験の中から自分の球を見つけ、どの場面で同コースを攻めていくかを考えながらスコアを作っていく。「いつかエージシュートをしてみたい」という目標がある谷繁さんだからこそ、そのあたりに徹するとグンと違ってくるのではないでしょうか。皆さんも、ブレることなくコースマネジメントを徹底することを心がけてみてください。

◆青木瀬令奈(あおき・せれな)1993年(平5)2月8日生まれ、群馬県前橋市出身、実家は音楽教室で、瀬玲奈は「セレナーデ(小夜曲)」から名付けられた。身長153センチ。ゴルフ好きの父について7歳でクラブを握る。小技が抜群で、2006年日刊アマ全日本女子に史上最年少の13歳で優勝。数々の実績をアマ時代に残す。11年プロ転向。17年ヨネックスレディースで初優勝。19年賞金ランキング35位。三和シヤッター工業所属。

◆谷繁元信(たにしげ・もとのぶ)1970年(昭45)12月21日、広島県生まれ。江の川(現石見智翠館)では87、88年夏の甲子園に出場。同年ドラフト1位で大洋(現DeNA)入団。98年の日本一に貢献し、01年オフにFAで中日移籍。中日ではリーグ優勝4度、07年日本一。13年に捕手3人目の通算2000安打達成。14年から選手兼任監督となり、15年の引退までプロ野球記録の3021試合に出場。16年監督専任となり、17年から日刊スポーツ評論家。現役時代は176センチ、81キロ。

◆葛城ゴルフ倶楽部 76年9月18日に開場し、美しい樹林に囲まれて戦略的な山名コースと丘陵地を生かしてゆったりした宇刈コースがある。12年賞金王の藤田寛之らが所属し、設計は故井上誠一氏。静岡県袋井市宇刈2505の2。【電話】0120・317・562。

取材・構成 遠藤淳子

撮影 浅見桂子

協力 葛城GC(静岡県袋井市)

おすすめ情報PR

ゴルフニュースランキング