V発進の羽生結弦「よく立ってくれた」右足首に感謝

<フィギュアスケート:オータムクラシック>◇最終日◇14日(日本時間15日)◇カナダ・オークビル◇男子フリー

男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24=ANA)が、フリーで180・67点を記録し、合計279・05点で優勝した。

   ◇   ◇   ◇

羽生が挑んだ4度の4回転ジャンプ。ループとサルコーは着氷で乱れ、2度のトーループは回転不足と判定された。だが、ステップとスピンで全て最高難度のレベル4を並べるなどして得点を積み上げた。演技終了後は、リンク中央でひざまずきながら右足首を優しく数回たたいた。「(4回転)ループとサルコーは本当によく立ってくれたと思った。ありがとうという感じでした」と感謝した。午前の公式練習では1本も成功しなかった4回転ループを着氷させた。

今季のショートプログラム(SP)とフリーは、ともに昨季の再演。だからこそ初戦とは言え、ミスのない演技を自分に強く課している。「いいジャンプが跳べてナンボだと思う。この構成ではクリーンに滑りたかった」と悔しがった。ただ、昨季のこの大会に比べて合計点で15・40点も高く、今季初戦としては悪くないスタートを切った。

その他の写真

  • 優勝し、笑顔の羽生結弦(中央)(共同)