攻めた田中刑事、後半4回転トーループ成功で自信

  • 田中刑事(ゲッティ=共同)

<フィギュアスケート:チャレンジ・カップ>◇22日(日本時間23日)◇オランダ・ハーグ◇男子フリー

世界選手権代表の田中刑事が収穫を得た。

序盤に組み込んだ2本の4回転サルコーは1本が2回転となったが、基礎点が1・1倍となる演技後半の4回転トーループに成功。体力的には厳しい挑戦だが「後半に入れている意味があった」と自信をつかんだ。SPは3回転ルッツの転倒で出遅れており、大舞台に向けて「自分が言い続けている攻めの姿勢を(SPで)表現したい」と誓いを立てた。