安永真白ソロ2連覇 チームは国士舘大が5年連続V

  • ソロで2連覇した近大の安永真白(撮影・吉池彰)
  • デュエットで初優勝した早大の吉田理恵(左)田中美羽ペア(撮影・吉池彰)
  • チームで5年連続8度目の優勝を飾った国士舘大(撮影・吉池彰)

<アーティスティックスイミング:マーメイド杯>◇19日◇横浜国際プール・サブプール

アーティスティックスイミング(AS)学生選手権として行われ、ソロで安永真白(近大3年)が2連覇した。デュエットは早大2年の吉田理恵・田中美羽組が初優勝。チームは国士舘大が5年連続8度目の優勝を果たし、学校対抗戦も制した。

大会には、東京オリンピック(五輪)のASチーム日本代表候補のうち4人がソロに出場。安永が1位、京極おきな(近大1年)が2位、木島萌香(近大3年)が5位、柳沢明希(法大4年)が6位となった。

安永は「前半は思い切りできたが、後半は不安もあったのでうれしい」と連覇達成に笑顔を見せた。東京五輪については「課題はまだまだある。練習する時間ができた」と延期を前向きに捉えている。井村ヘッドコーチから基礎の大切さを説かれ、立ち泳ぎや水のつかみ方などに取り組んでいるという。そして、昨年の世界選手権で後じんを拝したウクライナに触れ、「向こうも成長していると思うので、自分はもっとキレキレに泳げるようになる」とメダル獲得を誓った。

◆上位成績

▽ソロ(出場17人)

1位 安永真白(近大3年)=85・8667

2位 京極おきな(近大1年)=84・4333

3位 須藤美紅(国士舘大4年)=83・2667

▽デュエット(出場4組)

1位 吉田理恵・田中美羽(早大)=77・3667

2位 滝宮空未・佐藤友花(筑波大)=76・9667

3位 山下瑛理香・遼子(国士舘大)=76・4000

▽チーム(出場1校)

1位 国士舘大=75・1000

▽学校対抗戦(出場13校)

1位 国士舘大=20点

2位 近大=15点

3位 早大=12点