速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第170回】

6万人以上使用CPAP

この病気にこの名医

睡眠時無呼吸症候群(中)

 日中に過剰な眠気があり、7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸状態が30回以上(1時間に5回以上)ある睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、不整脈や狭心症のリスクを高める。早期発見は、ベットパートナーによることがほとんどで、発見されると専門である「睡眠障害外来」や「睡眠障害センター」を受診する。

 「問診では睡眠に関連したいくつかの質問を行います。その中にうたた寝の程度についての質問があります。これはオーストラリアのジョーンズ博士が開発した『エプワース眠気尺度』をもとにしたもので、点数が高い人ほど重症の可能性があります」。愛知医科大学病院(愛知県長久手町)睡眠医療センターの塩見利明教授(51)は言う。

 確定診断は「睡眠ポリグラフ検査(PSG)」。この検査。この検査は1泊2日の入院検査である。「睡眠の状態、呼吸の状態、いびきの状態、体内の酸素の状態、体の向きなどを同時に記録して、それぞれの関係を調べます」。SASはもちろん、睡眠障害の診断には必須の検査である。ただ、どうしても検査入院のできない人にはパルスオキシメーターで夜間の動脈血酸素飽和度を計る検査や、簡易無呼吸診断装置モルフェイスを使った簡易検査もある。

 治療には内科的、外科的治療のほかに生活指導もあるが、重症のSASでの第1選択肢は「CPAP(シーパップ=経鼻的持続陽圧呼吸装置)療法」。「寝ている間に装着した鼻マスクから、それぞれの患者さんに応じた圧力で空気を送り込んで強制的に上気道を広げる仕組みです」。CPAPは日本では98年に保健適応となり、現在6万人以上が使用しているという。

 だが、全員に効果があるわけではない。CPAP治療の有効性は約66%。残り33%の人にはマウスピースに似た口腔内装置(OA)による治療が行われている。

 ▼睡眠時無呼吸症候群の種類 <1>閉塞(へいそく)性睡眠時無呼吸<2>中枢性睡眠時無呼吸<3>混合性睡眠時無呼吸の3種類。<1>は睡眠中に舌やのどの筋肉が沈下して空気の通り道をふさいでしまうための無呼吸<2>は脳の中枢の働きが異常をきたして起こる無呼吸<3>は<1>と<2>の混合。多くは<1>である。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆睡眠時無呼吸症候群の名医◆

 ▽岡部クリニック(仙台市泉区)仙台睡眠呼吸検査センター・岡部慎一院長
 ▽太田記念病院(福島県郡山市)睡眠呼吸障害センター・高崎雄司センター長、金子泰之副センター長
 ▽神経研究所付属睡眠呼吸障害クリニック(東京都千代田区)高橋康郎院長
 ▽横浜呼吸器クリニック睡眠呼吸障害センター(横浜市神奈川区)小野容明院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ