かなだい&りくりゅう&島田麻央 先輩の助言を全部聞いてみたら…異世代爆笑トーク 

3年連続3度目の開催となったフィギュアスケートの「ブルーム・オン・アイス」が4月22日、木下アカデミー京都アイスアリーナで行われました。

このリンクを拠点とする木下アカデミーの選手が日ごろの練習の成果を披露し、将来へ大きな経験を積むことを目指して生まれたアイスショー。今回はアイスダンスの村元哉中(30)、高橋大輔(37)組(関大KFSC)がスペシャルゲストとして初出演しました。

公演後には3月の世界ジュニア選手権で日本勢最年少優勝を飾った島田麻央(14=木下アカデミー)、世界選手権でペア日本勢初優勝を果たした三浦璃来(21)、木原龍一(30)組(木下グループ)と5人で取材に対応。高橋と島田は23歳差でした。

種目も、世代も異なる5人で繰り広げられたトークの模様をお伝えします。

フィギュア

<ブルーム・オン・アイスより>

演技を終え写真撮影する選手ら

演技を終え写真撮影する選手ら

【登場人物】

島田麻央(しまだ・まお)2008年(平20)10月30日、東京都生まれ。23年世界ジュニア選手権優勝。

三浦璃来(みうら・りく)2001年(平13)12月17日生まれ。兵庫県生まれ。23年世界選手権優勝。

木原龍一(きはら・りゅういち)1992年(平4)8月22日、愛知県生まれ。23年世界選手権優勝。

村元哉中(むらもと・かな)1993年(平5)3月3日、兵庫県生まれ。23年世界選手権11位。

高橋大輔(たかはし・だいすけ)1986年(昭61)3月16日、岡山県生まれ。23年世界選手権11位。

フル解禁! より一層楽しめました

――村元選手と高橋選手は「ブルーム・オン・アイス」に初めて参加されて、いかがでしたか

高橋 先シーズンもお誘いいただいたんですけれど、ちょっとタイミングが合わず、参加させていただくことができなかった。今回参加させていただいて、本当に温かい雰囲気で、最初から最後まで幸せな空間に包まれているなという感じでした。楽しかったです。

村元 本当にお客さんが目の前にいて、普段のショーだとあまりお客さんの顔が見えづらい時もあるんですけれど、お客さんの顔が見えた。みんなと一緒にその空間にいると感じられて、より一層楽しいですし、選手たちにとっても、すごくいい機会でした。

オープニングを楽しむ村元、高橋組

オープニングを楽しむ村元、高橋組

高橋 僕たちが小さい時は、こういったアイスショーに出られることがなかった。本当にアカデミーの子たちは、いい経験が…。

村元&高橋 できているな~っと…。

村元 かぶっちゃった(笑い)。

――三浦選手と木原選手は3回目。多くの観衆の前での演技でした

本文残り78% (2491文字/3199文字)

大学までラグビー部に所属。2013年10月に日刊スポーツ大阪本社へ入社。
プロ野球の阪神を2シーズン担当し、2015年11月から西日本の五輪競技やラグビーを担当。
2018年平昌冬季五輪(フィギュアスケートとショートトラック)、19年ラグビーW杯日本大会、21年東京五輪(マラソンなど札幌開催競技)を取材。
21年11月に東京本社へ異動し、フィギュアスケート、ラグビー、卓球などを担当。22年北京冬季五輪もフィギュアスケートやショートトラックを取材。
大学時代と変わらず身長は185センチ、体重は90キロ台後半を維持。体形は激変したが、体脂肪率は計らないスタンス。