2Rは駒井大輔(44=東京)が酒井大樹の番手からまくりを決めた。

レースは酒井が前受けの元砂海人を押さえて先行態勢。6番手まで下げてまくる元砂の動きを見定めた駒井がタイミング良く番手まくり。駒井は「元砂君の動きを見てから出るつもりだった。酒井君には悪かったけどね」と先行した酒井を気遣った。番手戦には「決勝では若手がいるからたまにあるけど、やっぱり慣れませんね」と照れ笑いだった。