開幕戦は甲子園にぴったりな「4番の一振り」が飛び出した。

【下関ボートAI予想&直前予想】無料公開中!ここを押してチェック

1Rは4枠の上野真之介が1着。深谷知博の攻めに乗ってまくり差す内容に「絶好球が来たからね。ちょっと伸びた」と、前々回の優勝機から特徴を見つけた。

しかし、後半11Rは割り差せず5着だった。

30日間のフライング休みからの復帰戦で「体がバラバラ」。2日目9Rは逃げてレース勘を確かにする。