山原さくらはG1競輪祭女子王座戦の3走に全力をぶつけた。

初日と最終日は尾方真生、久米詩と激しくもがき合い、2日目は逃げて児玉碧衣を振り切る白星。「上のレースに行くほど出し切るしかないので。2走目はうれしかった」と振り返る。

その後、韓国旅行してリフレッシュも完了。予1・6Rは自身の先行1車と有利な戦いだ。