今年も残すところあと1カ月。競輪選手がわずかな競走得点の差で一喜一憂する時期に入った。

鈴木浩太(26=千葉)は、今期6勝をマークしているものの、自力選手ゆえの大敗も多い。なかなか競走得点を上げられず、A級陥落のピンチに陥っている。「まだ、あと1点上げないと駄目なんです。調子は上がっているし、伊東は相性がいいイメージもあるので頑張りたい」。1予2Rは、最低でも4着までに入らないと、さらに厳しい状況に追い込まれる。