初日特選は、渡部幸訓(40=福島)に犬伏湧也の番手を回れる幸運が訪れた。

南関と近畿は3車ずつのラインができあがり、犬伏の番手を渡部と神山拓弥のどちらが主張するかが焦点だった。点数上位の渡部はあえてコメントを保留し、神山の到着を待った。

雰囲気を察知した神山は、険しい表情を作りながら一歩ずつ渡部に近寄った。しかし、これは神山のいたずら心。「強い犬伏君と5点も上の渡部さんなら」とすぐに3番手回りを快諾した。

これに安堵(あんど)した渡部は「前にも後ろにも迷惑をかけないように頑張る。新田(祐大)の踏み出しに付いていくイメージで」と気合を入れ直した。