1予1Rから激しいレースになった。期待のルーキー大川剛と、梁島邦友の主導権争いが残り2周半からヒートアップ。

中団でじっくりと戦況をみつめた川口聖二(29=岐阜)が、4角手前から大外を一気に抜け出した。「すごい踏み合いでした。少し1着を意識して大事にいきすぎたけど、気持ち良かった」とニンマリ。

今年2月の当記念も決勝に進んでおり、バンクとの相性の良さは健在だった。