特選12Rの犬伏湧也(28=徳島)は、G1(競輪祭)準優勝の松井宏佑に主導権を握らせなかった。

号砲と同時に前を取ると、残り2周半で勢いよく上昇してきた松井を全開で突っ張った。最終バックで中団の近畿勢にまくられ、力尽きてしまった。「前で突っ張ることは決めていた。寒くて足が重かったですね。イチかバチか踏み直したけど、もう足は残っていなかった。こういうレースでもゴール前勝負できないと駄目ですね」。

求めるものが大きいから満足のいく結果ではない。しかし、今後もG1戦線でしのぎを削っていくライバルに、強烈な印象を与えたのは間違いない。