予1・6Rを走る荒川ひかりは、左肩脱臼の影響で今年は精彩を欠いていた。

だが、ここ3場所は連続で決勝に進出。完全復活への道を確実に歩みだした。「自転車にうまく乗れない時期が続いたけれど、もう大丈夫。そろそろ久しぶりに優勝したい」。

前回の優勝は2年前の11月岸和田。好位キープからしぶとい足を使うスタイルは健在だ。

【豊橋競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック