直近のビッグレース3大会連続で決勝に進んだ南修二は、今大会も抜群の安定性を誇る。

競輪祭の激闘から中4日でも「小倉と伊東ではあまりにコンディションが違うが、まあ大丈夫だと思います」と疲れの色を見せない。

南が後ろに付けば、自力選手は安心して駆けられるため、ラインの機能性も高まる。準決11Rは山田久徳を徹底ガードする。

【伊東競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック