チャレンジ予選1Rは先行1車の吉川勇気(33=石川)がスタートを決め、残り2周になっても誰も前を切らない珍しいレースとなった。誘導員も最終2角手前まで待避することなく残った。この展開に一番驚いたのは逃げ切り1着の吉川だった。

「誰も来ないんでね。どうなってるのかと思った。藤野(竜也)君が切りにくるとみてたんだが…。まあでも、踏んでないと誰がカマしてくるか分からないので警戒しながら踏んでいた」。

楽な展開にはなったが「バックが強い風でしんどかった」と振り返った。