G1競輪祭で散々だった吉沢純平(38=茨城)が、わずか中4日でまるで別人のような動きに変わった。

1予が菊池岳仁、2予が小畑勝広、準決11Rは地区の違う大川剛の奮闘をものにした。「もっと車間を切れたかな…とか反省点はいくらでもある。外を差し込んだ勢いでシビアに踏んでしまった。残したいけど、勝たないといけない部分もある。どっちが正解かは難しいですね」。これは追い込み選手の永遠のテーマだ。

それでも、好展開で勝ち切れなかった時期からみれば、G3で3連勝は明るい材料でしかない。決勝12Rは、武藤龍生の前で総力戦に出る。