日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

横浜社長「サッシ売るのと野球は違う」

日記を書く

 横浜の加地隆雄球団社長(69)が28日、秋季練習中の横須賀ベイスターズ総合練習場を訪れ、球団売却問題の事情説明を行った。まずは「あってはならない身売り騒動でお騒がせして申し訳ない」と謝罪。現体制の存続が決まったことでホッとしたのか「サッシを売るのと同じように野球を考えてもらっては困ると思っていた。野球は人がやるということ」とまくし立て、15分間も熱弁を振るった。

 交渉決裂の要因については本拠地問題とし「一番大きな問題は横浜から出したいと言い続けたこと。新潟、草薙、京都という話もあったようです」と説明。改めて地域密着の方針を示し「皆さんも不安を抱えつつで、申し訳ないが、私は守り続けます。地域に根ざした、本当の地元球団をつくりたいと思っているので、力を貸してほしい」と、熱っぽく続けた。

 選手たちの表情も、真剣そのものだった。国内FA権の行使を表明している内川聖一内野手(28)は「親会社、本拠地がどうとかは、僕にとっては関係ない部分もある」と前置きし、「話が少しは進展したと思う。やっとスタートラインに立てた感じはする」と今後の好転を期待した。

 ただ、引き続き球団が不安定な状況下にあるのは間違いない。自身の去就については「僕らが来年のこの時期にこういう話が再燃しないようにするのが大事。そうできるなと見えれば、残留もある。他の球団の話を聞いてみたいというのもある」と慎重に言葉を選んだ。ドラフト会議の終了を受け、球団幹部は「明日(29日)にでも交渉を行いたい」と話した。売却問題が一応の決着をみたことで、FA戦線も一気に進展しそうだ。【鈴木良一】

 [2010年10月29日7時52分 紙面から]


関連ニュース




キーワード:

加地隆雄

このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  横浜1位須田は騒動気にしない/ドラフト - 野球ニュース
  2. 2  【横浜】尾花監督が須田に「ハンサムだ」 - ドラフト会議2010 - プロ野球
  3. 3  南加大の藤谷、ロッテ指名驚き/ドラフト - ドラフト会議2010 - プロ野球
  4. 4  佑ちゃん、ハム指名に「感謝」/ドラフト - ドラフト会議2010 - プロ野球
  5. 5  ソフト摂津が先発転向 - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです