日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 格闘技
  2. ニュース

格闘技ニュースのRSS

メイウェザーvsパッキャオ250億円マッチ

対戦が実現するフロイド・メイウェザー(右)とマニー・パッキャオ(ともにAP)
対戦が実現するフロイド・メイウェザー(右)とマニー・パッキャオ(ともにAP)

 世紀の一戦がついに実現する。ボクシングの無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(37=米国)が20日(日本時間21日)、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(36=フィリピン)と5月2日に対戦すると、インターネット交流サイトで明らかにした。会場は、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナとみられ「スポーツの歴史上、最も大きな出来事になる」とコメントを出した。

 パッキャオがウエルター級に階級を上げた08年以降、対戦のうわさが浮上しては立ち消えを繰り返してきた両者。だが、1月末に米マイアミで行われたNBAの試合会場で偶然遭遇したことで、急接近。直接交渉も行われ、ついに両雄が拳を交えることが決まった。

 メイウェザーの最大の武器は「芸術」といわれるディフェンス力だ。相手に決定打を許さない高い技術で、全17階級を通して最強と称される。一方のパッキャオは、鋭い踏み込みを原点とした攻撃的なボクシングで、史上2人目の6階級制覇を達成。アジアの軽量級ボクサーから、世界的なスターとなった。ファイトマネーの合計が250億円を超えるともいわれる夢対決。パッキャオの左がメイウェザーに当たるのかが、大きなテーマとなりそうだ。

 現在、メイウェザーはWBA、WBCのウエルター、スーパーウエルター級王座を、パッキャオはWBOウエルター級の世界王座を保持しており、かけられるタイトルなどは追って発表されるとみられる。

<過去の夢対決アラカルト>

 ◆71年3月8日 フレイジャー-アリ(WBA、WBC世界ヘビー級タイトル戦) フレイジャーが15回判定勝ちしアリが初黒星。

 ◆81年9月16日 レナード-ハーンズ(WBA、WBC世界ウエルター級統一戦) 14回TKOでレナードが勝利。

 ◆87年4月6日 レナード-ハグラー(WBC世界ミドル級タイトル戦) レナードが12回判定勝ち。

 ◆99年9月18日 デラホーヤ-トリニダード(WBC・IBF世界ウエルター級王座統一戦) デラホーヤが12回判定負けし、プロ初黒星。

 ◆02年6月8日 ルイス-タイソン(WBC、IBF世界ヘビー級タイトルマッチ) ルイスが8回KO勝ち。

 [2015年2月22日8時39分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞