大阪、関西に住んでいる人間なら誰でも同じだろうが周囲に熱心な虎党がいる。

キャンプ前に話をしたとき、その人が強調していたのはこういうことだ。 「阪神にとって痛いのは坂本(誠志郎)がFAで出ていくことだと思います。何よりもそれです。絶対に残留してもらわんと困りますわ、ホンマ」

昨季、梅野隆太郎との捕手2人体制で日本一に導いた坂本。特に梅野が故障離脱してからは1人でマスクをかぶり続け、チームを勝利に導いたのは周知の通り。その坂本は今季中にもFA権を取得する見込みだ。「坂本のFA流出」は阪神にとっては間違いなく避けたいことだろう。 キャンプ練習の合間。シーズンオフの早過ぎる話題であるのは承知の上で坂本とそんな話をしてみた。まあ、雑談である。そこで彼はどんな話をしたか。

「ボクが出たら痛いって? 別に痛くないでしょ。じゃ本当に痛いかどうか。いっちょやってみますか」。

ドキッとさせる発言だがもちろんジョーク含み。だが微妙な話題にもかかわらず、サラリと言えるところが“大人っぽさ”というか坂本の魅力を感じさせる。 少し真面目な話もした。FAについては当然、頭の隅にあるようだ。

「とにかくシーズンが終わったときに自分の価値が上がっているようにやることが大事ですよね」。

そう話す坂本には去年の経験がある。 「だって去年、ボクは試合に出ないはずだったんですよ(笑)。でも終わってみたら…。今年だって例えばすぐ故障して(FAの)日数が足りなくなるかもしれない。世の中、何があるか分からないですし」 指揮官・岡田彰布は就任当初「正捕手は梅野」と明言。全試合かどうかは別にして梅野中心で考えていたのは間違いなかった。そこからいろいろな経緯があり、坂本の存在が大きくクローズアップされたのだ。

坂本と同じ明大OBの球界関係者にこんなことを聞いたことがある。「阪神は最初から幹部候補生として坂本を獲得してるんです。ドラフトは野球の技術は当然、キャプテンシーというか性格も調査する。その上での幹部候補生です」。 そう聞けば、さらに気になるが、阪神にとってまずは連覇が最大のテーマだ。そこに梅野と坂本の体制が必須要素なのは間違いない。まずはキャンプを乗り切り、しっかりシーズンを戦うタフさを蓄えてほしい。(敬称略)【高原寿夫】(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「虎だ虎だ虎になれ!」)