常葉大橘のエース市川が真っ向勝負に敗れた。5回に駿河総合の紅林に打たれた直球は「少し甘く入ってしまった」と振り返った。

同点とされた直後も連打を浴びるなど、相手の勢いを止められなかった。6回以降の3イニングは無安打に抑えるも、打線がつながらなかった。この日の最速は、6回に紅林に投じた初球の144キロ。初戦となった2回戦で痛めた右薬指は「影響がなかった」と言い訳にしなかったが、試合後は悔し涙を流した。今後は大学進学を希望しており「4年後にプロを目指したい」と顔を上げた。