<高校野球栃木大会:宇都宮工2-0宇都宮北>◇28日◇準決勝◇栃木県総合運動公園野球場

 宇都宮工が3年ぶりに決勝進出を決めた。0-0の6回裏、1死二塁で主将で4番に座る高野裕基内野手(3年)に回ると、外角低めのスライダーを振り抜き先制。「投手が頑張っていたので先制点を取りたかった」。主将が放った意地の一打は遊撃手のグローブを弾き先制打となった。投げては尾島孝秋投手、星知弥投手(ともに3年)の必勝リレーで無失点に抑えた。