「2番DH」で出場したエンゼルス大谷翔平投手(26)が、6試合連続安打となる内野安打を放った。

1回の第1打席、1ボール2ストライクから左腕ダフィーの外角カーブにコンタクトし、二遊間へのゴロを放った。二塁ベース寄りに守備シフトを敷いていた三塁手に捕球されたが、全力疾走で間一髪セーフ。ロイヤルズからチャレンジを要請されてビデオ判定となったが、覆らずにセーフとなった。

前日は今季初の1試合3安打となる5打数3安打3打点と活躍し、適時二塁打2本で打線をけん引した。翌日のこの日も第1打席から俊足を生かしてチャンスメーク。好調をキープした。