ドジャース大谷翔平投手(29)が「2番DH」で出場し、第2打席で中堅フェンス直撃の三塁打を放った。

2回1死二塁、左腕ゴンバーの直球を捉えた打球は、中堅へと飛んだ。途中までややゆっくり走っていた大谷は、フェンスに当たって転々とする打球を見て加速。追加点を挙げ、三塁まで到達した。

1回の第1打席では、チャンスを広げる技ありの安打を放った。無死一塁、カウント1-2から低めカーブに食らいつき、ライナーで鮮やかに右前に運んだ。一、二塁とし、続く3番フリーマンが中前に先制適時打を放った。

ベッツ、大谷、フリーマンのMVPトリオがつないでいきなり先制すると、大谷はスミスの中犠飛で生還。単打と足を使った攻撃で、この回5安打で3得点を奪った。

大谷は3回1死一、二塁の第3打席でも中前打を放ち、3打数3安打。これでオープン戦3試合は7打数5安打の打率7割1分4厘、1本塁打、5打点の結果となった。

【実際の動画】大谷翔平、行った~と思いきやフェンス直撃 慌てて加速し三塁打