ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(51)が3日(日本時間4日)、山本由伸投手(25)の登板間隔について言及した。

同監督が今後の登板予定を「中5、6もしくは7日」にすると、MLBコムのアンソニー・カストロビンス記者が伝えた。日本時代は基本的に中6日のローテーションで回っており、投手史上最高額で契約した山本へ最大限の配慮を見せた形となる。

メジャーリーグでは5人で先発ローテーションを組むことが多く、連戦では中4日も少なくない。

山本の次回登板は6日(日本時間7日)のホワイトソックス戦が予定されている。前回は2月28日(同29日)のレンジャーズ戦で2回無失点で、中6日での登板となる。