開幕から6連勝中だったヤクルトのマット・カラシティー投手が、3回途中5失点でKOされた。

 初回に4点の援護を受けたが、制球が不安定。1回に大島と平田の適時打で2失点すると、2回には京田の適時打で1点差に。3回1死一、三塁のピンチを招いたところで交代を告げられた。2番手中沢が2死二、三塁から松井雅に逆転適時打を浴びた。

 2回1/3を62球、3安打5四死球5失点での降板に、カラシティーは「今日は自分でコントロールすることが難しく、毎回先頭打者に四球を与えてしまったケースが多かった。せっかく先制点を取ってもらったのに、自分の投球ができなかった」と反省した。