中東、南アジアで初のプロ野球リーグ「ベースボール・ユナイテッド」が15日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで最初の球団「ムンバイ・コブラズ」を発表した。今後数週間で、残る3球団も発表される見通し。

11月にドバイ国際球場で、4球団が参加する初のトーナメント大会を開催する。米国などから200人以上の選手を集め、64人が選出される。

24年秋には8球団に拡大し、リーグ戦を発足する。残りの選手は、ドラフトで指名されるという。

南アジアではクリケットが最も高い人気を誇っており、約10億人のファンがいる。クリケットの観客にアピールするため、同リーグはMLBとは異なるルールを導入する。中東ではサッカーも人気があり、昨年10月にはUAEでNBAも開催された。

同リーグは元ヤンキースの抑えで、MLBで通算最多セーブを誇るマリアノ・リベラ氏、元レッズで95年MVPのバリー・ラーキン氏が出資している。