DeNAドラフト1位の度会隆輝外野手(21=ENEOS)が、2試合連続安打で先制点につなげた。「1番右翼」で先発。3回1死一塁の第2打席、2ボールから広島アドゥワの内角低め直球に詰まりながらも強振。右前に運ぶ一打で一、三塁とチャンスを広げ、続く関根の先制適時打につなげた。

度会は18日のロッテとの練習試合(宜野湾)で対外試合初安打を放っており、2試合連続安打となった。

その後、1死一、二塁からオースティンの中堅への打球を広島中村奨がスライディングするも、捕球できず。二塁走者の度会は捕球したと判断して一時帰塁。ボールを落としたことを確認して三塁へ走るも、フォースアウトとなり、記録はセンターゴロとなった。

【関連記事】DeNAニュース一覧