ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(27=ワタナベ)が5日、米ダラスに到着した。13日に米ダラスでのV3戦で、同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(20=メキシコ)の挑戦を受ける。ホテルにつくと早速トレーニングジムで約30分シャドーをこなして汗を流した。

自室では後援者から贈られた180万円という水素吸引器スイソニアで、旅の疲れと減量ストレスから回復を図った。食事はダラス日本人会から材料、調理器具など完全サポートを受けて深町マネジャーが調理。夕食では納豆、豚汁、牛肉サラダ、サケのトマト煮にご飯を平らげた。

「長時間の移動にもかかわらず、時差ボケ、過度な体重増加もストレスもない。気を抜かずに調整します」とコメントした。6日はメディカルチェックを受ける。