ボクシングWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(28=大橋)が14日、第3子となる女児の誕生を報告した。

自らのSNSを更新し「先日、第三子となる女の子が誕生しました!!この様な情勢ですので出産には立ち会うことが出来ず不安もありましたが、母子共に健康という知らせを聞いた時は心からホッとしました」と安堵(あんど)のコメント。

6月19日に米ラスベガスでIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)との防衛戦が合意済みでもあり「今は決まりかけている次戦に向けて日々トレーニングに励んでおります!ファンの皆さんには、これまでよりもさらに【強い井上尚弥】をお魅せしますので、期待して下さい!」(原文ママ)と投稿した。

井上は15年に咲弥夫人と結婚し、17年5月に長男明波君、19年12月に長女が誕生している。