ボクシング元世界ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(58=米国)が10日、現役復帰戦の前日計量をクリアした。

米フロリダ州ハリウッド市内で計量があり、ホリフィールドは102・2キロ、対戦する元UFC王者ビトル・ベウフォルト(44=ブラジル)は93・5キロでパスした。11日の当地での試合は、1回2分の公式試合でのヘビー級8回戦となる。

6階級制覇王者オスカー・デラホーヤ(48=同)が新型コロナウイルス感染したため、代わってホリフィールドが出場することになった。カリフォルニア州コミッションは試合開催を認めず。場所を移すことになり、エキシビションマッチの予定も公式試合に格上げとなった。

11年にブライアン・ニールセンに10回TKO勝ち以来、10年ぶりのリングとなる。当日はドナルド・トランプ前大統領も、ゲストコメンテーターとして観戦する。