「明日の女帝」アスカが大事なチーム戦前に大きな勝利を手にした。所属ユニット「ダメージCTRL(コントロール)」のリーダー、ベイリーの指名でタッグを組み、「女王様」シャーロット・フレアー、「超雄」ベッキー・リンチ組とのタッグ戦に臨むと相手組の連係ミスの隙を突き、ベイリーが11分44秒、リンチを丸め込んでフォール勝ちを収めた。ベイリーがリンチのマンハンドルスラムを浴びてリンチにフォールされそうになったが、阻止に入ろうとしたアスカがフレアーもろともリンチに激突。フレアーと言い合いになったリンチに対し、ベイリーが背後から丸め込んだ。

アスカは25日(同26日)に同地で開催されるプレミアム・ライブイベント、サバイバーシリーズで組まれた女子ウォーゲームズ戦に出場。WWE女子王者イヨ・スカイ、カイリ・セイン、ベイリーの4人で、フレアー、リンチ、前WWE女子王者ビアンカ・ブレア、ショッツィ組と屋根なしのケージに囲まれた2つのリングで4対4のチーム戦を控える。フレアー、リンチ組との女子ウォーゲームズ前哨タッグ戦に勝利し、勢いをつけた。

味方セコンドにスカイ、セイン、ダコタ・カイが入り、チームの結束感あふれるアスカはベイリーとの好連係をみせた。フレアー、リンチの実力者2人連係を分断。ベイリーが集中攻撃を浴びたものの、アスカはフレアーをコードブレイカーで攻撃。2人の合体技もみせるなど、「仲間割れ」「確執」を予感させる相手チームとは対照的に、コンビネーションの良さをみせつけていた。