AKB48が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で、18周年記念特別公演を行い、来年3月13日に63枚目シングル(タイトル未定)を発売することを発表した。10月にグループ卒業を発表し、同作がラストシングルとなる柏木由紀(32)が表題曲単独初センターを務める。

公演には現役メンバー57人が参加し、代表曲「言い訳Maybe」「大声ダイヤモンド」「桜の花びらたち」など全13曲を披露。シングルの発売と選抜発表は、公演の終盤にサプライズで行われた。センターとして発表された柏木は「17年間、唯一まだかなえることが出来ていなかった夢のシングルセンターを最後にかなえていただけたこと、本当にうれしいです」と喜びを語った。「卒業を前に新曲のセンターをやらせていただくことに葛藤もあった」と明かし、「でも17年間本当に長いこと応援してくださったたくさんのファンの方々の顔を思い浮かべると、もっと最後に笑顔になってほしいと。そして長く頑張って、楽しく続けていたら良いことも起きるよってみんなに少しでも伝えられたらいいなと思いました」と胸の内を語った。

今年4月にお披露目された18期研究生含む4人が初選抜となった。名前を呼ばれた16期生・長友彩海(23)は「デビューして7年、大変なこと、悔しいことたくさんあったけど、同期がいたから頑張れました。ずっと待ってくれたファンの方がいたから今日まで続けてこられました」と涙ながらに話した。