「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が22日、X(旧ツイッター)を更新。映画「君の名は。」のプロデューサーを務めた伊藤耕一郎容疑者(52)が当時15歳だった女子高校生に裸の画像を送信させたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、和歌山県警に逮捕されたことについて言及した。

三崎氏は「女子高校生に裸の画像を送信させた疑いで、『君の名は。』の製作に携わった伊藤耕一郎容疑者が逮捕された」と切りだし「飲酒運転が厳罰化で激減したみたいに、性犯罪も厳罰化すべき。昔は缶ビール片手に運転するのが普通だったけど、今の性犯罪は同じくらい酷い状態。厳罰化に反対する理由なんて一つもない」とつづった。