立憲民主党の小沢一郎衆院議員は28日、自身のX(旧ツイッター)を更新し、岸田文雄首相が自民党派閥パーティー裏金事件をめぐる衆院政治倫理審査会(政倫審)に、マスコミフルオープンの形で自ら出席する考えを電撃表明したことについて、強烈な皮肉をまじえて批判した。

審査会の様子を公開するかしないかをめぐり、審査会への出席を申し入れた安倍派、二階派の5人と自民党の調整がつかず、与野党で合意していた28日の審査会開催の日程が中止となる、あり得ない事態を、自民党は招いた。この日の首相の出席表明は、5人の出席を促すためとの見方が強く、実際に、首相の表明後、5人はこれまで逃げてきた「全面公開」での出席表明に追い込まれた。

小沢氏は「かつて『自民党をぶっ壊す』と言った総理もいたが、政倫審を巡る自民党のぐだぐだ、責任の押し付け合い、罵り合いを見ていると、岸田総理総裁こそ、選挙向けのポーズなどではなく、正真正銘、自民党をぶっ壊すことのできる『逸材』と感じる」と、痛烈な皮肉をまじえて自民党内のガバナンス崩壊を指摘。「今の自民党は学級崩壊みたいなもの。政権を担うのは難しい」とも、投稿した。

別の投稿では「『党の誰も総裁である自分の言うことを聞いてくれないんで、ひとまず私が出ますんで、それでもう勘弁してもらって、この問題を早く幕引きできませんかねえ?』もはや部下に指示すらできないなら、辞めるべき」ともポスト。自身が出席表明しなければ5人の出席を引き出せなかった岸田首相の指導力不足に触れながら、政権担当能力はないと、ばっさり切り捨てた。